FuseKitのイージング

噂の FuseKit を試してみるよ。 :boy:

Tweenクラスで、PennerEasingクラスを使ってみる。
フロッグ and フラッグ、再び。 :bouzu:


This movie requires Flash Player 9.0.0


_root に、ムービークリップ(インスタンス名: frog, flag) を配置。

frog 第1フレームに
// クラス宣言 (パッケージパスつき)
import mx.transitions.Tween;
//import mx.transitions.easing.*;
import com.mosesSupposes.fuse.PennerEasing;

// パラメータ
var startPos:Number = this._x;
var targetPos:Number = _root.flag._x;
var fps:Number = 16;
var easing:Function = PennerEasing.easeInQuad;
var duration:Number = 2;
var frames:Number = fps*duration;

this.onRelease = function():Void {
  // Tweenインスタンスの生成
  var frogTween:Tween = new Tween(this, "_x", easing, startPos, targetPos, frames, false);
  frogTween.onMotionFinished = function():Void {
    _x = targetPos;
  };
};
と記述。( :banana: スクリプトでトゥイーン (2) 参照)


easingMethod: easeIn / duration: 6 sec で比較

FuseKit.easing1

Flash 標準のイージング・クラス(mx.transitions.easing.*)との対応表
PennerEasing.linear <-> None.easeNone
PennerEasing.easeInQuad <-> Regular.easeIn / PennerEasing.easeInQuint <-> Strong.easeIn
(同じイージングで異なる名称のもの)