乗り越えられない壁 (ToT)ノ

Delegateクラスが乗り越えられない。 :bouzu:

自作クラスは、入り口に足を踏み入れることができた。AsBroadcasterとか、EventDispatcherとか、ちょっとだけ使うことができた。

がっ! 😮
Delegateクラスは、得体が知れない。その正体がつかめないのだ。というか、その後ろ姿に触れることすらできない。


Delegate.create を用いたサンプルをいくつか見た。でも、クラス定義絡みのものが多い。クラス定義絡みではないサンプルで理解したいんだよぉおおお。 😥

mx.utils.Delegate.as も覘いてみた。でも、どういう場面で使われるのか、想像がつかないんだよぉおおお。 😥

関数やクラスをまたいで、オブジェクトや関数を渡す際に使うもの?という感じのことはイメージできた。でも、関数へのイベントの委譲とか、関数のスコープの委譲とか、言われても、分かんないんだよぉおおお。 😥

ヤだ、ヤだ、ヤだー! :bouzu:


setIntervalEventDispatcher を掘り下げるにあたっては、Delegateクラスが必要な気がする。いや、そんな匂いがする。

だから、乗り越えなければならないのだ。これを乗り越えた後には、きっと、「あぁ、そういうことだったんだ」と思えるに違いない。「そんな頃もあったね」と遠い目をすることができるに違いない。

がんばろッ。 :boy: