ドロップシャドウ効果 (1)

ドロップシャドウ効果だよ!
かえる君に、影ができてます。

:caution: 要 Flash Player 8 以上

This movie requires Flash Player 9.0.0

しかも、動いてるよ! 😮
すごいよ、Flash 8。


_root に、ムービークリップ(インスタンス名: frog1, frog2, frog3, frog4) を配置。
_root に、テキストフィールド(インスタンス名: logo) を配置。

_root 第1フレームに
import flash.filters.DropShadowFilter;

var frog1:MovieClip;
var filtersArray1:Array = new Array();
var dropShadowFilter1:DropShadowFilter = new DropShadowFilter(8, 45, 0x000000, 0.8, 16, 16, 1, 1, false, false, false);
filtersArray1.push(dropShadowFilter1);
frog1.filters = filtersArray1;

var frog2:MovieClip;
var filtersArray2:Array = new Array();
var dropShadowFilter2:DropShadowFilter = new DropShadowFilter(8, 45, 0x000000, 0.8, 32, 32, 1, 3, false, false, false);
filtersArray2.push(dropShadowFilter2);
frog2.filters = filtersArray2;

var frog3:MovieClip;
var filtersArray3:Array = new Array();
var dropShadowFilter3:DropShadowFilter = new DropShadowFilter(8, 45, 0xFFFF00, 0.8, 16, 16, 1, 1, false, false, false);
filtersArray3.push(dropShadowFilter3);
frog3.filters = filtersArray3;

var frog4:MovieClip;
var filtersArray4:Array = new Array();
var dropShadowFilter4:DropShadowFilter = new DropShadowFilter(8, 45, 0x000000, 0.8, 16, 16, 1, 1, false, false, true);
filtersArray4.push(dropShadowFilter4);
frog4.filters = filtersArray4;

var logo:TextField;
logo.text = "DropShadowFilter";
var filtersArray:Array = new Array();
var dropShadowFilter:DropShadowFilter = new DropShadowFilter(4, 90, 0x000000, 0.8, 4, 4, 1, 2, true, true, false);
filtersArray.push(dropShadowFilter);
logo.filters = filtersArray;
と記述。


DropShadowFilter コンストラクタ

public DropShadowFilter([distance:Number], [angle:Number], [color:Number], [alpha:Number], [blurX:Number], [blurY:Number], [strength:Number], [quality:Number], [inner:Boolean], [knockout:Boolean], [hideObject:Boolean])

指定されたパラメータで新しい DropShadowFilter インスタンスを作成します。

使用できるバージョン
ActionScript 1.0、Flash Player 8
パラメータ
distance:Number (オプション)
シャドウのオフセット距離 (ピクセル単位)。デフォルト値は 4 (浮動小数値) です。
angle:Number (オプション)
0 ~ 360 で表されるシャドウの角度 (浮動小数値)。デフォルト値は 45 です。
color:Number (オプション)
シャドウのカラー。16 進数形式 (0xRRGGBB) で指定します。デフォルト値は 0x000000 です。
alpha:Number (オプション)
シャドウカラーのアルファ透明度の値で、0 ~ 1 の範囲の値を指定できます。たとえば .25 と指定すると、透明度は 25 パーセントになります。デフォルト値は 1 です。
blurX:Number (オプション)
水平方向のぼかし量です。指定できる値は 0 ~ 255 (浮動小数値) です。デフォルト値は 4 です。2 のべき乗 (2、4、8、16、32 など) は、他の値と比べて速くレンダリングできるよう最適化されます。
blurY:Number (オプション)
垂直方向のぼかし量です。指定できる値は 0 ~ 255 (浮動小数値) です。デフォルト値は 4 です。2 のべき乗 (2、4、8、16、32 など) は、他の値と比べて速くレンダリングできるよう最適化されます。
strength:Number (オプション)
インプリントやスプレッドの長さです。値が大きいほど、濃い色がインプリントされるので、シャドウと背景との間のコントラストが強くなります。指定できる値は 0 ~ 255 で、デフォルトは 1 です。
quality:Number (オプション)
フィルタを適用する回数。0 ~ 15 の範囲の値を指定できます。デフォルト値は 1 で、低品質と等価です。2 は普通の品質、3 は高品質です。
inner:Boolean (オプション)
影が内側の影であるかどうかを指定します。true の場合は、内部シャドウを示します。デフォルトは false (外側シャドウ) で、オブジェクトの外周にあるシャドウを示します。
knockout:Boolean (オプション)
ノックアウト効果を適用するかどうかを指定します。true を指定すると、オブジェクトの塗りが透明になり、ドキュメントの背景色が表示されます。デフォルトはfalse で、ノックアウト効果は適用されません。
hideObject:Boolean (オプション)
オブジェクトが非表示であるかどうかを示します。true を指定すると、オブジェクト自体は描画されず、シャドウだけが表示されます。デフォルト値は false (オブジェクトを表示) です。

shadow  新英和中辞典 第6版 (研究社)

(名) [a ~] (光がさえぎられてできる輪郭のはっきりした)影・人影・影法師


[修正] (06/01/08 Sun 11:40)
位置・数値など修正。ヘルプ表示を修正。テキストフィールドを修正。